スポンサードリンク

出動困難症・テクノストレス症候群

出動困難症

職場でのストレスがトラウマとなり、会社に行きたいという意思があっても、出勤することができない「出勤拒否」。出勤しようとすると、腹痛や吐き気をもよおしてしまう症状を「出勤困難症」といいます。

周囲の期待にこたえようとする過剰反応、上司からの評価を気にしすぎてしまう過剰反応、適さない職種に就いてしまう職務不適応が原因となると考えられています。


テクノストレス症候群

コンピューターの普及とともに増えたテクノストレス症候群。
パソコンなどの画面に長時間向き合っていると、眼精疲労や肩こり、頭痛、吐き気といった症状を引き起こしてしまうというものです。

似た症状として、IT技術の進歩に適応できない不安から来る「テクノ不安症」、また技術に順応しすぎて対人コミュニケーションが取れない「テクノ依存症」などがあります。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。