スポンサードリンク

ストレスの原因はこれだ!

ストレス」という言葉を医学領域で始めて用いたのは、カナダのセリエ博士です。その概念は、「外側からくる刺激に対して体の内側が対応する変化をストレスという」というもの。またセリエ博士は、この外からの刺激を「ストレッサー」と表現しました。

場合によっては「ストレッサー」のことを「ストレス」とすることもありますが、ここでは「ストレッサー」による変化のみを「ストレス」としてお伝えします。

生活環境は人それぞれ異なります。そのためストレスの原因となるストレッサーも様々です。それらを分類するとすれば、3種類に分けることができます。


まず1つめは、気温の変化やケガなどによる物理・化学的刺激。

2つめは、空腹感や疲労感といった生理的刺激。

そして3つめは、精神的ナ緊張によって起こる真理・社会的刺激です。


物理・化学的刺激や生理的刺激といった外部要因による刺激は、時間が経つと解消されるものがほとんど。しかし、人間関係のトラブルや責任感の重圧などからくる不安や焦りといった心理・社会的刺激は、なかなか解消できないものばかりであるため、長期にわたってストレスを感じ続けてしまうことがあるのです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。