スポンサードリンク

人との距離(パーソナルスペース)がストレスの原因に!?

電車に乗って席に座るとき、あなたはどの席を選びますか?端やゆとりのある真ん中の席など、他の人と少し距離をおいた関を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

このように私達は、自然に他人と自分の間に距離をおくことで、パーソナルスペースと呼ばれる快適な空間を作っています。

この空間は、相手との新密度によって異なり、それを犯されることで人はストレスを感じてしまうことがあるのです。


最も親密な距離は45cm以内です。
家族や恋人など、ごく親しい人と身体的な接触が簡単にできる距離。他人ではストレスを感じてしまいます。

次に個人的な距離(45〜120cm)
友人などと個人的な会話をするときの距離。男女間では、恋人や夫婦意外だと違和感を生じることがある距離です。

社交的な距離(120〜360cm)
職場で同僚と一緒に仕事をするときなどの距離。仕事上でなどで、改まった話をするときに使われます。

公式的な距離(360cm以上)
一対一のコミュニケーションが困難な距離。公式な場面で、公式な人物と話をするときに使われます。


パーソナルスペースは、男女によって差があります。男性は空間が狭くなると攻撃的に、女性は友好的になる傾向があるようです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。