スポンサードリンク

ストレスと生体電流の意外な関係

リラクゼーションや栄養補給、これらは体の健康な状態を保つために欠かせない方法で、体が受けたストレスを緩和してくれます。けれど本来ならば、ストレスによる害を受ける前に、ストレスに負けない体を作るのが理想的。

そんな方法はないのでしょうか?

その答えは、生体電流にあります。

生体電流とは、体に流れるリズム。体が正常に機能しているときには、この生体電流は秩序正しく一定のリズムを刻みます。しかし、体に何らかの異常があるときには、リズムが乱れ、体中のいたるところで不調を巻き起こしてしまうのです。

ストレスを受けたとき、体は外部刺激から身を守るために、栄養素を血液中に集めるなどの変化を起こします。その変化は、今まで正常だった生体電流のリズムを乱してしまうことに。
その結果、ストレスが体の不調となって現れるのです。

つまり、日々のストレスに負けずに快適な生活を送るためには、この生体電流を乱さないようにすることが大切です。
万が一生体電流が乱れてしまったときは正常に戻せる体であることが重要なのです。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。