スポンサードリンク

出動困難症・テクノストレス症候群

出動困難症

職場でのストレスがトラウマとなり、会社に行きたいという意思があっても、出勤することができない「出勤拒否」。出勤しようとすると、腹痛や吐き気をもよおしてしまう症状を「出勤困難症」といいます。

周囲の期待にこたえようとする過剰反応、上司からの評価を気にしすぎてしまう過剰反応、適さない職種に就いてしまう職務不適応が原因となると考えられています。


テクノストレス症候群

コンピューターの普及とともに増えたテクノストレス症候群。
パソコンなどの画面に長時間向き合っていると、眼精疲労や肩こり、頭痛、吐き気といった症状を引き起こしてしまうというものです。

似た症状として、IT技術の進歩に適応できない不安から来る「テクノ不安症」、また技術に順応しすぎて対人コミュニケーションが取れない「テクノ依存症」などがあります。
スポンサードリンク

サンドウィッチ症候群・燃え尽き症候群・拒食症・過食症

サンドウィッチ症候群

「もっと数字をあげろ!」という上司と「もう無理です」という部下の板ばさみに悩む中間管理職の人が陥りやすいのが「サンドウィッチ症候群」。几帳面で生真面目、遊びの最中にも仕事のことが頭から離れないといった人がなりやすく、解消しにくいのが難点。

上司と部下の両方の意見を「自分が受け止めよう」としてしまう気持ちがストレスの原因となってしまうようです。


燃え尽き症候群

一生懸命に頑張って目標を達成したあとや、突然の意欲・目的喪失によって起こるうつ状態。まじめで有能、仕事熱心な人がなりやすい症候群です。数年後、団塊世代が定年を迎えることによって、急増するとも言われています。

ガムシャラに働き、仕事を「生きがいだ」と考えていた団塊世代の人たちが「生きがい」を失い、うつ状態になってしまうのではないかと考えられているのです。


拒食症・過食症

女性に多い摂食障害。太ることに恐怖心を持ち、生きるために必要な栄養摂取を拒絶してしまう「拒食症」。そして、その食べないという行動の反動で起こるとされる「過食症」。食べてはいけないという意識の中で、異常な量の食事をとり、後悔をして自ら吐くという行為を繰り返します。

整理的ナ欲求である食欲に反する「痩せたい」という意識がストレスの原因となっています。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。